FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年05月26日(水)

離乳食87日目


5月26日/離乳食87日目

AM10:00

*ササミと緑黄色野菜のお粥73g
(7倍粥43g+ササミと緑黄色野菜BF20g+和風ダシ10g)
*キャベツのリンゴスープ煮27g(キャベツ10g+リンゴジュース17g(20mlぐらぃ))
*白湯
*追加リンゴジュース10ml

DSC01407.jpg


昨日 食べた「ササミと緑黄色野菜」のBFを、今度はお粥と混ぜ混ぜ。

美味しいのかな?
昨日も今日も食いつきがイイ

キャベツのリンゴスープ煮は最初すごぃ変な顔したんだけど、
何口か食べていくと食いついてきたょ。

久しぶりの食いつきに嬉しくて、あまったリンゴジュース10mlを追加。

10だからほんのちょっとなんだけどね



ササミと緑黄色野菜のお粥→完食 / キャベツのリンゴスープ煮→完食 / 白湯




・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆



PM5:00

*青のり粥48g(お粥48g+青のり少々)
*豆腐サラダ46g(豆腐22g+キュウリ5g+パプリカ7g+タマネギ12g)
*白湯
*追加カボチャ粥20g(7倍粥15g+カボチャ5g)

DSC01422.jpg



あるサイトの記事で、

食事への関心度が増して、ママが使うスプーンをほしがったり、離乳食にさわりたがるのは
「自分で食べた~い!」という意欲のあらわれで、食事の自立への第一歩。
初めはおもちゃと化してしまうスプーンだけど、片手にスプーンを持たせてあげたり、
手で自由に遊ばせるのも大切なこと。
それを禁止していると食べる意欲がそがれ、自分で食べなくなってしまいます。


ってのを読んだから、今日は好きにさせてみたょ
(好きにさせたのは今まで2度あるけど途中で取り上げて禁止させてました)


もぅね。


結果、


悲  惨


まず、スプーンを奪い始めたから、最初はスプーンを持たせて自分で食べてたました。
具をのせてスプーン渡すってカンジで。

で、次にお皿に手がのびて、お皿の中をこねくりまわし始め・・・

すると、なんとお口にIN!なぜか変な顔してたけど

おぉー?つかみ食べー?

なーんて思ってたのは2分ほど。


再びお皿の中に手を入れてこねくりまわしてネチャネチャしたり、
そこらじゅうにベターっとつけたり、自分の手をじっと見たり。

きっと不思議なんだろぅね。


食卓イスに私が座って、その上にりっくんを座らせてテーブルにむかってたんだけど、
大変な事になってきたので最後は床に移動して食べました。

食べ終わった後の写真です・・・。

0000787DSC01424.jpg

服につくより肌についたほぅがいいわ、と思ってズボンは途中で脱ぎました。


UP写真
DSC01424.jpg


テーブルや床や足や手や腕、そして私の服までベタベタついてすごかったょ・・・

DSC01423.jpg


あまりにもこぼしすぎたから、急遽カボチャ粥を+20g追加で食べました。


そして、
食べ終わったから片付けしよぅと、お皿を流しに運んでたらりっくん這っちゃって最後まで大変に・・・

DSC01425.jpg

まだ足や手拭いてなぃのに・・・


写真ではあんまりちゃんと写らなかったけど、
ほんと、床がベッタベタでグチャグチャですごかったー

ここまですごぃの初めて・・・。


つかみ食べはじまるとこんなの毎日なんだろぅけど、
早くシートや全身エプロンみたぃなのを買いにいかなくっちゃ大変すぎるね・・・。


スポンサーサイト
13:46  |  離乳食*モグモグ期  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://itigoyuzu.blog27.fc2.com/tb.php/16-2bea8196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。